地域を豊かにするための連続講座

今、私たちは何を大切にし、何を目指していくのか、どう生きるべきなのかが問われています。

4回連続講座によって、地域で活動する仲間を増やしていくために、さまざまな実践者から必要な知識、考え方を学びます。

ファシリテーターはNPO法人まちラボの大越雅美さんです。

(受講料:3,000円/4日間)


カリキュラム



講師陣

ファシリテーター

大越雅美

NPO法人まちラボ代表

 

 

専業主婦として子育ての傍ら PTA 活動や、地域のボランティア活動を経験。

横浜市都筑区地域振興課職員として 13 年勤務。主に地域活動支援、市民活動支援担当に携わる。その間、学校地域コーディネーターや NPO 法人理事として当事者としての活動も継続。

2022 年退職し、仲間と NPO 法人を設立。代表理事を務める。



 

柏木晶子氏

中嶋圭子氏

一般社団法人日本ケアラー連盟理事、子どもと家族のための緊急提言プロジェクト運営委員、参加型システム研究所客員研究員、社会福祉士

 

法律や制度・政策と私たちの暮らしは切っても切り離せません。いま、家族・雇用・人口構造などが大きく変わり、社会のニーズは大きく変化し、社会保障における支えあいの構造も大きく変化しています。こうした変化を踏まえて、今日の社会保障を中心とした政策制度について俯瞰し、特に今日の新たなニーズである、「社会的孤立の防止」「全世代型への転換」「地域社会の変化への対応」について考えます。



金子真澄氏

NPO法人まんま理事長

 

瀬谷区在住25年。家族は夫と3人の娘。末娘が1歳の時に、子育て中のお母さんたちが中心となり立ち上げた『親子のひろば まんま』に出会う。利用しながら少しずつ運営を手伝い2006年ひろばスタッフになる。2018年よりNPO法人まんまの理事長。ひろばを運営する傍ら、ひとり親向けの食支援や外国にルーツのある家庭への支援活動も行い、子育て中の親子に限らず、多世代、多文化共生も視野に入れた地域の居場所づくりにチャレンジ中。



木下青子

NPO法人みんなの居場所よこすか理事長

 

25年前の生活クラブ支部委員会仲間たち20人以上が,「私たちらしい居場所が欲しい」と2015年に活動を始め、見学や物件探しを続けた。2018年にオーナーとの出会いがあり実現。地域で活動していくとき、大ぜいの人の参加と協力を得ていくために重要なことは何か?理念や目標の共有、情報共有のノウハウ等、チーム活動のリーダーに求められる役割や心構えを学ぶ。



10月16日(水)フィールドワーク

多世代交流スペース宮ノ前テラス

 高橋裕子氏 

(NPO法人宮ノマエストロ 代表理事「多世代交流スペース宮ノ前テラス」)

多世代が集まる地域の拠点はどうやってできたのか。高齢者のスマホ教室や高校生とのコラボ企画、独自通貨の活用など工夫がいっぱい。立ち上げの動機や経緯、地域との関係づくり、広報、ボランティアの関わり、資金や運営に関わる工夫などを伺う。